図書館・古書検索システム

しばやんが運営管理するブログなど

HP版・歩く仲間へのショートカット

無料ブログはココログ

« 「持続的な(経済)成長」や「環境にやさしい(科学技術)」や「貧困削減」について | トップページ | 伊藤亜人 『文化人類学で読む日本の民俗社会』 ~ まず‘違い’を認めるということ »

2008年5月25日 (日)

ジョジョの奇妙な冒険DVDとコーラン問題

mixiの日記で、先日取り上げた記事ですが、どうも気になるのでこちらにも転載させていただきます。

--------------------------------

<関連の新聞記事>
「アニメ「ジョジョ」イスラム圏の批判で一部出荷停止」(共同) IZAβ版 2008年5月22日 22:38
「コーラン」登場の批判、昨年から数百のサイトに-アニメ「ジョジョ」」 時事ドットコム 2008年5月22日 20:31
「アニメ 「ジョジョの奇妙な冒険」 中東で高まる批判」 FujiSankei Business i 2008年5月23日

---------------------------------------------

「あまりに安易な行動だったのではないかと思います。」  2008年5月24日

「ジョジョDVD コーランで批判 」の毎日新聞の記事について

ジョジョの原本を見ていないし(基本的に今マニラだし)限られた情報だけでコメントするのも難しいので一言だけコメントを。

ニュースに対するミクシイの書き込みでもずいぶん紛糾していますが、アラビスト(しかしムスリム(イスラム教徒)ではない)としてのしばやんとしては、また余計なことをやってしまったなあという感じです。

作者(漫画家)ではなくて、アニメの製作スタッフがなにげにコーランだと知らずに文字をそもそも何も書いていない本に転記してしまったという説明はたぶんそれなりに正しい(うそではないと思いたい)と思いますが、でも配慮がないよなあ。

たまに他のマンガでも見かけますが、とんでもないアラビア文字が何の脈略もなく書かれていることがあります。

なんで、こんな場面にこんな言葉が・・・?もう絶句という感じで。

イスラーム書道(カリグラフィー)が日本でも最近話題になっているようですが、神の言葉(コーラン)に対しては細心の注意が必要です。それは単なるわけのわからない文様でもなく‘一枚の紙切れ’では決してないのですから。

海外や日本でも、怪しげな漢字や日本語をプリントしたTシャツを着た人(特に外国人が多い)がいますが、その文字を読める日本人が、冗談だと笑うぐらいのギャグならいいのですが、間違ってもイスラーム教徒が自分の命より大切だとする神や神の言葉を軽々しく扱ったとしたら、いくら知らなかったとか、悪気はなかったといったとしても、かなりの制裁を受けることは、彼らの立場に立ってみれば常識というか当たり前のことです。

古い話題ですが、「悪魔の詩」を翻訳した五十嵐教授は、それだけ?で暗殺されましたからね。

私が大学で学んだ15年前に較べたらそれなりにイスラームやムスリム(イスラーム教徒)についての情報が日本でも増えてきたと思いますが、それにしても、依然として偏向した意見も多く、マスコミ自体も識者とされるコメンテーターも、‘全くわかっていない’のではと耳を疑うことが今でのあります。

もう少し、隣人としてのイスラーム(教徒)についての配慮が必要なのではないでしょうか。昔とった杵柄というかちょっと古い情報ですが、しばやんからの情報提供として。

アラブ・イスラーム学習ガイド(資料検索の初歩) (©1991)

http://homepage1.nifty.com/arukunakama/g000.htm

しばやんって何者といわれそうですが、開発コンサルタントが仕事ですが、アラブ・イスラームは大学時代からしつこく?勉強し続けています。

歩きながら考えるがモットーです。

-----------------------------------------
この記事では、とりあえず「DVDの作成者の脇が甘い」ということと「軽々しくこんな?情報だけでイスラームやイスラーム教徒をジャッジするな」を主張したのですが、どうも気になって、今日(5月25日)、以下の記事をmixiの日記のコメントとして追加しました。
-----------------------------------------
いろいろ気になって情報を集めているのですが、どうも今回の事件?が誰かの‘意図’によってつくられたものではないかという気もしてきました。

陰謀説に組するものではありませんが、どうも裏がありそうですね。経緯も怪しいし、どうも誰かのメディアに対する、もしくは特定のメディアの情報操作があったような気がします。

でも実際には、マスメディアの報道によって、事実や真実とは違った派生的な情報までが行きかい、果てには元の情報とは違った情報が話題になってしまう。

どうもこちらのマスメディア社会の構造そのものが恐ろしい気がします。これでは市民参加の情報戦というか、別に今の世の中で専門家の優位性や特別性を持ち上げる気はしませんが、どうもみんな手探りで不確かな情報や憶測や思い込みだけで‘世論’というか、なんらかの‘雰囲気’や‘空気’が生み出されてしまう。

この後、この問題が変な展開をたどらないことを祈っています。

P.S.

どうもなんらかの悪意をもったものが情報を操作したという疑惑が抜け切れません。私も‘なにか’に洗脳されているのかなあ。
---------------------------------------------
こう書き込んだ直後に、こんなブログの記事を見つけましたので、ひとつの見方として紹介します。
---------------------------------------------
「ジョジョの奇妙な冒険のイスラム教冒涜問題」
このブログでは、ある通信社のマッチポンプではないかという説をあげております。
実際、これからもいろいろな意見や議論がでてくると思いますが、私としましては、どうも裏がありそうですよということのみ述べさせていただいて、一旦、この件につきましては筆をおかせていただきたいと思います。

« 「持続的な(経済)成長」や「環境にやさしい(科学技術)」や「貧困削減」について | トップページ | 伊藤亜人 『文化人類学で読む日本の民俗社会』 ~ まず‘違い’を認めるということ »

アラブ・イスラーム関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョの奇妙な冒険DVDとコーラン問題:

« 「持続的な(経済)成長」や「環境にやさしい(科学技術)」や「貧困削減」について | トップページ | 伊藤亜人 『文化人類学で読む日本の民俗社会』 ~ まず‘違い’を認めるということ »

フィリピン・ファン