図書館・古書検索システム

しばやんが運営管理するブログなど

HP版・歩く仲間へのショートカット

無料ブログはココログ

« 伊藤亜人 『文化人類学で読む日本の民俗社会』 ~ まず‘違い’を認めるということ | トップページ | 石弘之編 『環境学の技法(Social Methods of Environmental Studies)』 »

2008年5月31日 (土)

和田秀樹 『試験に受かる人落ちる人』 ~ 知のあり方について~

最近、精神科医としての‘新しい’看板を引っ下げてマスコミへの露出を富に増している和田秀樹氏の本を考察のネタ?として取り上げたい。

08053100 和田 秀樹

『試験に受かる人落ちる人』

幻冬舎 2003年1月

お薦め度: ★★☆☆☆

一口メモ: またあんたかよという感じで、「勝ち組の思想」の典型なパターンを見事に体現していると言ってもいいのだが、それだけでは話が終わってしまうので、自分の苦い体験に絡めて以下、少し愚痴につきあっていただきたい。

正直いってこの人は苦手というかものすごいアンビバレンツな不安感を与えてくれる。

まず世代論からいうと、彼は丁度われわれの10年 年上にあたり、第二次ベビーブーマーの真っ只中のわれわれ世代は、バブルの前後に大学受験を向かえたわけだが、まだその頃は、日本の高度経済成長は終わったといわれつつも、世界第二位のGNPを誇り、まだまだ日本の行け行けムードを引きずっていた。というより、まだバブルがはじける前だったから、その後の就職氷河期とか、失われた10年などとは、全く無縁の時代であった。

さすがに「末は大臣か大将か」という時代では当然なかったが、まじめに勉強していい学校に入っていい会社に入れば幸せな生活がおくれると、誰もが信じて疑わない時代だったと思う。

そんなときに、確か1988年かと思うが、この和田氏が、『受験は要領』などというふざけた?本を引っ下げて受験業界に切り込んできたのが、私の高校時代の最後の頃であった。確かに受験前に、この本に眼を通したと思うが、時既に遅しで、彼の‘実践的な’理論というか方法論の直接的な恩恵を受けられなかったし、もっと早く読んでいればと思ったことも偽らざる気持ちである。

それはさておき、今「開発コンサルタント」などという高度に知的集約産業の中にいる(実はかなり泥臭い世界なのだが)私の現前に、またもや「生涯教育」とか「ステップアップのための学習」、「資格試験」がこれからの競争社会で生き延びるのは今までにも増して重要ですよという時代の風潮にあわせて、彼がマスコミにカムバックしてきたのは、なんとも複雑な気分である。

前書きが長くなったが、二点ほど論評する。

① 彼は必死に否定しているが、このようなアンチョコな受験指南は確かに需要もあるし、言っていることには、かなりの程度の信憑性があるというか正しいといってもよい。

しかし、彼がいみじくも漏らしているように、幼年期から青年期にかけての社会や生活環境の影響は非常に大きい。ちなみに彼は「灘高~東京大学理三(医学部)」で、高校時代の学校(級友・先生もろもろ)の影響の大きさを認めている。逆に、よい環境は金を出してでも買えという自論を披露している。

② この本では、大学受験から資格試験まで人生のあらゆる局面における試験の突破法を説くわけであるが、確かに彼の経験を元にしているとはいえ、所詮、勝者の論理でしかないという致命的な欠点を持っている。

③ これが問題なのだが、そうであっても実は彼の言わんとするところというか気持ちは‘非常に’わかってしまうという悲しさがある。

というか、今日の日本のビジネスパーソンである限り、もう常識的にいろいろな面でのスキルアップがさまざまな局面で求められ、ほぼ強制的に‘自己啓発’や‘勉強’が、まさに強いられている。

いい悪いでもなく、自分もその中にいることは事実であるし、実は別に「自己啓発する私」が嫌いなわけでもない。

だが、少なくとも人間を機械の一齣のように扱う「近代的な人間開発論」は、途上国の現場では全く通用しない。

しかしながら、「人間開発」という名目で、どんどん近代的な価値観(パラダイムと言い切ってよい)の輸出というか押し付けが、日常のように繰り返されいる。

さいわい?にも途上国でも高等教育を受けられるほどのエリートにとっては、これらの近代的な価値観は全然違和感のあるものではなく、逆にわかってしまったがゆえに、上から目線で、普通の人たちを見下したりなんかもする。

話を戻すが、でもまあ、このような‘効率一辺倒’の世界って、近道を示しているようで実は大きなロスというか大きな見落としをしているような気がする。

ただ、近代人の私としては、方法論的にはそれなりの魅力もある。

でも「方法」と「目的」は違うし、なにより「知っていてもそれを使うかどうかは別の話である。」 しかしまあ、日本人は本当に勉強の好きな人たちだなあと思う。ただ、それが「生きる」ための勉強であるかどうか、「よりよい社会を築くため」の学問であるかは、誰も知らない。

試験の致命的な欠点は「答えがわかっている」と思われることしか設問できないことと、得てして、その「答え」は体制やその社会で力を持った‘モノ’に都合のよい「答え」でしかないということ。

和田氏のメソッドは、その体制におもねる限り、最短で「答え」にたどり着くことは意味も価値もあるが、逆に、その体制というか前提条件が変わったときに自分で考えて答えを見つけ出す力をつけるという場面は全く想定していない。

私は、「世界を変えうる人間(のひとり)」であると自覚している。それなりに現体制というか社会システムにお付き合いはするが、それが全てであるとは思っていない。

そのような人間は、学問の世界に限って言えば、回り道でも学説史を辿りなおしたり、現場から問題を立て直して、それに答えていくことに関心が向いているし、世間の定説にはあまり興味はない。一応はおさえておく努力はしているつもりであるのだが。

誰か偉そうな人や権威が言ったとされる正しい「答え」に対しても、ある条件下での蓋然性は認めても、前提条件や背景抜きの「答え」だけ覚えることには全く関心がないし意味がないと思っている。

ともあれ、一見、賢そうな人たち(識者といってもよいが)と‘原点’に立ち返ってやりあうのはきっと楽しいであろうし、個人的には大いにやりたいと思っている。‘借り物’の言説ではなく‘自分の言葉’としてどこまで意味があることを語り合えるかについて非常に関心がある。まあこれからはそのような時代になりつつあるし、すでにそうなっているところもあると思う。

過去の権威を持ち出して語ることがいかに不毛であることか、みんなうすうすわかり始めてきていると思う。

そういう意味で、この和田氏は反面教師というかおもしろい‘定点’を示してくれているような気がする。

別に揶揄するわけでもなく拒否するわけでもないが、かなり古いパラダイムでの必勝パターンモデルの提示ということで紹介を終えさせていただきたいと思う。

ではでは^^?

(この項、了)

« 伊藤亜人 『文化人類学で読む日本の民俗社会』 ~ まず‘違い’を認めるということ | トップページ | 石弘之編 『環境学の技法(Social Methods of Environmental Studies)』 »

開発学の101冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 伊藤亜人 『文化人類学で読む日本の民俗社会』 ~ まず‘違い’を認めるということ | トップページ | 石弘之編 『環境学の技法(Social Methods of Environmental Studies)』 »

フィリピン・ファン