図書館・古書検索システム

しばやんが運営管理するブログなど

HP版・歩く仲間へのショートカット

無料ブログはココログ

« コミットするということ-仕事をするのにあたっての決意 | トップページ | 【歩く仲間通信 20190501】令和をむかえて »

2019年3月20日 (水)

【歩く仲間通信 20181225】名古屋・栄に事務所を借りました

みなさん、こんにちは。
ご無沙汰しております。
しばやんこと柴田英知です。不定期発行の「歩く仲間通信」、初めてご覧になる方も多くいらっしゃるかと思いますが、わたくしの近況報告と、みなさんの研究や生活に、ほんの少しでもお役にたてたらと考えて、発信をしております。
基本的には、フェイスブックとブログ、ホームページなどの、しばやんチャンネル(勝手に、いま名付けました^^?)に引っかかっている方にとっては、それほど目新しい話題ではないかもしれませんが、ぜひ、この機会に、フェイスブックの友達申請をしてください。もっと、早く情報を共有できます。
閑話休題。さて、今回は、お題を3点用意しました。
1.オフィスワーカーしばやん
わたくし事ではありますが、2018年12月6日に、名古屋の栄のテレビ塔から徒歩10分ほどのところ(地下鉄久屋大通駅から徒歩5分)に、オフィスを構えました。個人事務所というよりシェアオフィスで、自分の机と椅子の一画と共有の大中小の会議室と、コワーキングスペースがあるという、オフィスビルのテナントになったわけですが、なかなか快適です^^?
まず滝子の名古屋私立大学から桜山駅経由でドアツードアで40分くらい、名古屋市内の主だったスポットもおおむね1時間以内で確実に移動できます。英語で、自営業のことを、Self employedというのですが、オフィスがあると自分が雇われている感があって、なるほど、自分自身が雇い主であり雇われ人であるということは、こういうことなのかと、妙に納得した次第でした。
2.大学院の修了が、半年以上、伸びました。
1の件の直接の原因となったのが、今年こそ、3年目に修士論文を書き上げて修了しようと思っていたのが、まったくの自分の思い込みと勘違いで、来年3月の修了が無理とわかったこと。それが、はっきりしたときは、気が狂いそうに動揺しましたが、よくよく考えれば、100パーセント、自分の落ち度で、誰にもあたりようがないという現実。
仕事だったら絶対にありえないミスだったのですが、これも自分の責任。ほぼ、90パーセントは完成しているので、最後の、一番、重要な部分をきっちりと仕上げて、今の予定では、来年の9月の修了をめざします。
3.So what?とWhy not?
2のことにも関連しますが、開発コンサルタントを辞して、学問の途に転向して、一番、困ったというか悩まされたのが、いわゆる「社会科学的」思考法でした。もう、わたしは、これを機会に、「So what?」思考とは決別しようと思いました。その理由を下記に、説明しましょう。
「So what?」とは、日本語にすると、「それで、それがどうした」という意味なのですが、海外で働いてきた開発コンサルタントの立場からすれば、これは、「それで(何が言いたいんだ)」、「それがどうした(何か意味があるの)」、「(俺様が分かり切ったことを)何をぐたぐた言っているんだ」というニュアンスに、ほぼ100パーセント相手に受け取られます。
誰も(大学の先生すらも)指摘していませんが、この言葉は、非常に、人を馬鹿にした言葉で、開発コンサルタントが、この言葉を、カウンターパートの政府の役人はもとより現地の直接の裨益者である、貧しい人たちに使ったら、一発でアウトです。
自分のオフィスの秘書でもドライバーでもそうですが、こう一言発したら最後、「誰があなた(自分のこと)に話しをするか」と、シカトされるのが、目に見えています。
一方、Why not?は、どうでしょうか。これは、「どうしたの?(何か問題があるの)」、「(何の問題ないから)遠慮せずに話してみなよ」というニュアンスで、次に、「Please come in.(入っておいでよ)」とか「Don't hesitate to say.(遠慮せずに話してみなよ」という言葉が、続きます。
ここまで言えば、みなさん、十分お分かりになると思いますが、特に、社会学者やビジネス界、特に、トヨタのかんばん方式や、5回なぜを繰り返せ、あとJICAなどが世界に売り込んでいる「5S」とか、欧米系の戦略系コンサルタントやビジネスコンサルタントが、重用しているロジカルフレームワークの根本にあるのが、この「So what?」の考え方です。
はっきりいいます。これは、強者の論理であり、正面切って、これをぶつけられた社会的弱者は、ひたすら黙り込むしかありません。なぜなら、「質問者にとって(ここが大事)大切なこと」しか、発言させてもらえないわけですから^^?
以上のような、気づきがわずかこの2か月ぐらいにわたしの身の回りに勃発しました。また、1に戻るのですが、今回、事務所を立ち上げたわけは、自分が、いままで多くの先達と仲間たちから教えてもらったことを、若い世代に還元したい.
もし本気で世界で、海外で自分の夢をかなえたい仲間がいるとしたら、わたしは、その職業のオプションとして、「開発コンサルタント」という生き方や考え方を示したい。これは、大学院で愛知用水の研究をしているという究極の目的も、「開発コンサルタントと地域開発のあるべき姿」を史実から説き起こしたいからにほかなりません。
なかなか、「開発民俗学」への途は、行きつ戻りつですが、我流のそしりを受けないためには、どうしても他流試合が必要となります。
これからも、自分なりに研究活動と、新規事業の人材育成事業の2本柱で、これからがんばっていきたいと決意を新たにしました。みなさま方のご指導とご鞭撻を、引き続き、よろしくお願いいたします。
最後になりますが、よいお年をお迎えください。
2018年12月26日 しばやん こと柴田英知
P.S.
ちょっとというか、かなりの宣伝です^^?
しばやんのプラットフォームです。さまざまなプロジェクトの窓口としての情報発信機能を強化しました。イベントやセミナーは、基本的に、歩く仲間が主宰となります。
FBに掲載した中でも、アーカイブしておきたい重要な記事をこちらに保存しています。今回の修了できなかった事件(事件かよ)や、なぜ「せかブタ」を始めようと思ったのかなどについてもふれています。
繰り返しになりますが、今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
ではでは^^?

柴田 英知

« コミットするということ-仕事をするのにあたっての決意 | トップページ | 【歩く仲間通信 20190501】令和をむかえて »

■歩く仲間通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コミットするということ-仕事をするのにあたっての決意 | トップページ | 【歩く仲間通信 20190501】令和をむかえて »

フィリピン・ファン